保健所で受けられる匿名のHIV検査|性病の脅威と対処

先生

自身で行うエイズ検査

先生

HIV/エイズ検査というのは、病院や保健所で受けることが可能です。しかし、人に知られたくないため、中々そういった医療機関を受診することができないという人が少なからずいるでしょう。HIV/エイズ検査キットであれば、自身で検査を行なうことが可能です。

Read More

感染経路と症状

先生

エイズと呼ばれる病気は非常に知名度の高い性病で、その感染範囲は世界規模だと言われています。多くの人の中には、エイズとHIVを同じものと考えている人がいますが、それらは同じものではありません。HIVというのはヒト免疫不全ウイルスのことを指し、エイズは後天性免疫不全症候群のことを指します。エイズというのは、HIVに感染した人が23の合併症の内の何れかを発症した状態のことです。つまり、HIVに感染していたとしても23の合併症を発症しなければ、エイズとは言えないのです。

HIVは性行為によって感染する場合や、使用済み注射器の使用による血液感染、母子感染によって引き起こされます。HIVに感染した恐れがある場合には、すぐに医療機関でHIV検査を受ける必要があるでしょう。しかし、HIVに感染した人というのは、それを周囲の人に知られたくないと考えてしまうものです。それは、一昔前までHIVに関する知識が広まっておらず、差別等が発生していたためです。現代では、そういった差別は殆どありませんが、不安を抱えてしまうのはしょうがないことでしょう。保健所では、匿名でHIV検査を受けることができるため、周囲にバレることはありません。また、保健所でのHIV検査は無料ですので、気軽に受けることができるのです。HIVがエイズ状態になってしまう前にHIV検査を受け、治療を開始することで病気の進行を大幅に遅らせることができるでしょう。HIVは、2週間目から4週間目で急激に増殖し発熱や喉の痛み、倦怠感、下痢等の症状を引き起こしますので、それらの症状が見られた時にはすぐに保健所にてHIV検査を受けることをお勧めします。

Associated Link

  • GME医学検査研究所

    少しでも疑いがある場合はHIV検査を早めに受けることをおすすめします。郵送のキットで調べることが出来るので、まずは取り寄せてみましょう。

病院と保健所の違い

カップル

病院と保健所では、それぞれHIV/エイズ検査を受けることが可能です。ただし、それぞれメリット・デメリットが異なるため、その違いについて良く理解した上でHIV/エイズ検査を受けに行くことをお勧めします。

Read More

様々な性病の症状

悩み

性病の中でも代表的なものとして、クラミジアや淋病が挙げられます。どちらにおいても自覚症状が現れないケースがあるため、自主的な性病検査が必要です。症状が現れているのであれば、迷わず医療機関を受診しましょう。

Read More

Copyright © 2015 保健所で受けられる匿名のHIV検査|性病の脅威と対処 All Rights Reserved.