様々な性病の症状 | 保健所で受けられる匿名のHIV検査|性病の脅威と対処

保健所で受けられる匿名のHIV検査|性病の脅威と対処

カップル

様々な性病の症状

悩み

日本国内で多く見られている性病というのは、HIV/エイズは勿論のことクラミジアや淋病、梅毒、カンジダ、性器ヘルペス、トリコモナス等が挙げられます。それらの性病は全て性病検査を受けることによって判別することが可能であり、早期治療が重要になります。様々な性病の内、クラミジアはとても感染の高い性病で、潜伏期間も長く女性であれば自覚症状も出にくいため感染が急激に拡大するといった特徴があるのです。感染力の非常に高いクラミジアは、HIV/エイズに感染する確率を大幅に増加させる要因となる性病と言われており、特に注意が必要となります。男性がクラミジアに感染した時には、痒みや不快感が現れ、尿道炎によって排尿時に痛みを感じるようになるでしょう。そのため、男性側は気づき易い性病となっています。もし、恋人等がそれらの症状に悩んでいるのであれば、自分も含め早期に性病検査を受ける必要があります。
淋病に関して、淋病はクラミジアの次に感染力のある性病だと言われています。淋病もクラミジアと同じく自覚症状が現れないことが多いため、感染が広がり易いのです。ただし、症状が現れた時には、男女によって異なる症状が現れるので覚えておきましょう。女性の場合、膣から子宮に掛けて炎症が発生する他、おりものの量が増え悪臭が発生するようになります。淋病の女性症状における炎症は痛みを伴わないことがある他、臭いも自覚できない可能性があるため、気付き辛いです。男性の症状について、男性は排尿時に激痛が走るようになり、膿も発生します。どちらにおいても、治療せずに放っておくと取返しの付かない事態に陥ってしまうので、早期に性病検査を受け、早期に治療を始められるようにしましょう。その他の性病に関しては、性器周りに症状が現れるものが多いため、性病検査を受けるべきかどうかすぐに判断することができるはずです。

Copyright © 2015 保健所で受けられる匿名のHIV検査|性病の脅威と対処 All Rights Reserved.