病院と保健所の違い | 保健所で受けられる匿名のHIV検査|性病の脅威と対処

保健所で受けられる匿名のHIV検査|性病の脅威と対処

カップル

病院と保健所の違い

カップル

HIV/エイズ検査を受ける際には、自身で行うことのできるHIV/エイズ検査キットの他に病院や保健所という選択肢があります。多くの人の中で、病院で受けることのできるHIV/エイズ検査と保健所で受けられるHIV/エイズ検査の違いについて詳しくしっている人は少ないはずです。ここでは、その違いについて知っていきましょう。病院で受けることのできるHIV/エイズ検査のメリットというのは、診察時間内であればいつでも受けることができるといった点と精密な検査を行なうことができるといった点の二つです。保健所で受けることのできるHIV/エイズ検査に関しては、匿名・無料で受けることができるといったメリットがあります。

病院で受けられるHIV/エイズ検査のデメリットについて、病院で検査を受けた時には医師による診察が必要になるでしょう。また、検査に掛かる費用が高額になってしまう場合もあるのです。保健所についても、検査を受けることのできる日時が限定されているといった点や検査の種類が少ないといった点がデメリットとして挙げられます。つまり、病院であれば日時を気にせず精密な検査を受けることができますが、保健所と違いお金が掛かるだけでなく医師による診察を受けなくてはならないのです。保健所については、病院と違って無料且つ匿名で検査を受けることができます。しかし、検査を受けられる日時が限定されているため、忙しい人には向いていません。また、病院よりも検査の種類が少ないため、HIV/エイズ以外の性病に感染していた時に特定できない可能性があるのです。それらの違いから考えると、時間があれば先に保健所を受診し、もし検査できない性病であれば病院を受診することが最適だと言えます。

Copyright © 2015 保健所で受けられる匿名のHIV検査|性病の脅威と対処 All Rights Reserved.